日清食品グループ ホーム > 日清食品グループ陸上競技部 > 陸上ブログ
陸上ブログ選手への応援メッセージをお待ちしています。投稿フォームはこちらから
3.保科 光作 「子どもたちに伝えたい3つのこと」(選手インタビュー2010)
2010年9月 4日 (土)  | 選手の素顔
HhpDSC_0611.jpg

宮城県色麻町立色麻小学校に通っていた頃の僕は、

元気だけはありました!負けず嫌いでした!

 

今の僕は、"エンジンがかかれば集中できて、

リズム良く力強い走りができる選手"だと思います。

1.目標、理想を持つ。

 

何事も始める前に、目標の人、

いなければこんな人になりたいな~…

という程度でいいので、考えてみる。

 

そうすることで、イメージが大きくわいてくるし、

辛くなったり、苦しくなったときの支えになるはず!
Hhp.jpg
HhpDSC_0985.jpg

 

2.実践する。

 

1.で持ったイメージや目標に向けて自分なりに動いてみる。

 

陸上でいうと走ってみる。

サッカーだったら友達とサッカーをする。

野球ならキャッチボール。

 

そういうふうにまずは自分なりにやってみて、

その中に楽しさをみつける!

 

 

3.本気になる。

 

楽しさを見つけられたら、それは自分にとってチャンス。

クラブチームや部活に入って本気になってやる。

本気になる。

 

言うのは簡単だけど、実際はすごく難しいこと。

 

でも本気になれたら絶対最後に笑えるときが来るはず!

あきらめずがんばろう。

 

Hhp DSC_0117.jpg
HhpDSC_0299.jpg

 

今でも宮城に帰ると、ひまわりの丘を走ります。

 

走るときのアドバイスをひとつするとしたら、

"腕を良くふること"です。

 

足を動かすのは大変ですから。

しっかり腕を振ると、推進力が生まれます。

 

そして、走る魅力は、

やったことが全部自分に返ってくるということ。

 

頑張らなかったら、絶対に勝てない競技です。

 

保科 光作

陸上ブログ