日清食品グループ ホーム > 日清食品グループ陸上競技部 > 陸上ブログ
陸上ブログ選手への応援メッセージをお待ちしています。投稿フォームはこちらから
1.座間 紅祢 「子どもたちに伝えたい3つのこと」(選手インタビュー2010)
2010年8月24日 (火)  | 選手の素顔
zamahpDSC_0222.jpg  

神奈川県平塚市立港小学校に通っていた頃の僕は、

わがままで泣き虫でした。

 

今の僕は、陽気でお茶目なクールガイ(笑)です。

 

1.汗をかき、べそをかき、泥だらけになっておうちへ帰る。

 

小学生の頃は、友だちと鬼ごっこやドロケーなどをして

遊んでいました。

 

遊びだけれども真剣にやっていたので、

ワクワクドキドキしながら競争していました。

 

そこで競う楽しさを覚えました。

勝ったり負けたり、健全な競争は、成長を生むものだと思います。

時には怪我もしました。

 

ですが、"そこから立ち上がる"、それが不屈の精神を育みました。

 

zamahpDSC_0007.jpg
zamahpDSC_0024.jpg

2.好きな人のために自分に何が出来るかを考え行動する。

 

好きな異性でもいいですし、両親でも祖父母でもいいです。

身近にいる人に喜んでもらうことが、

自分の成長を促すと思います。

 

それは勉強であったり、スポーツであったり、家事であったり、

何でもいいのです。

 

3.ハンデを気にしない。


僕は小さいときから背が低く、一緒に同級生とかけっこをすると、

ストライドの長さで負けます。

 

しかし、粘って粘って走っていると、そのうち逆転します。

すぐに諦めることなく、毎日毎日走っていたら、

最初から最後まで負けないようになりました。

 

なので、背が低いだとか、足が短いだとか、

そんなハンデは気にしないことだと思います。


zamahpDSC_0019.jpg
zamahpDSC_0224.jpg

僕を支えてくれたのは、友人です。

 

よく、友人は多いほうが良いと言われますが、

僕は、大勢いなくても、心許せる友人が

一人でも二人でもいたら、幸せなことだと思います。

 

座間 紅祢

陸上ブログ