日清食品グループ ホーム > 日清食品グループ陸上競技部 > 陸上ブログ
陸上ブログ選手への応援メッセージをお待ちしています。投稿フォームはこちらから
2009年3月のエントリ
2009年3月31日 (火) 
「2000年3月に入社以来、常に世界に羽ばたく選手の育成に携わる事が出来ました。

残念ながらニューイヤー駅伝に優勝出来ていないのが唯一の心残りですが、来年こそは実現出来るものと信じています。

今後とも立場は変わりますが、常勝軍団実現のお手伝いをしたいと思います。

有難うございました。」

浅野 宣義
2009年3月31日 (火) 
「このたび、大東文化大学への進学のため、退社することになりました梅野大地です。

日清食品グループを応援されていても、僕の名前を知らない方々はたくさんいると思います。

在籍わずか2年‥‥大した活躍は出来ませんでした。

しかしこの2年間で学んだ事は決して無駄ではありません。

むしろ貴重な体験ができて幸せ者だと思っています。

わたくし梅野大地は、これから大学陸上で活躍出来るよう精進いたします。

最後に、たくさんの声援ありがとうございました‥‥日清食品ホールディングス最高♪」

梅野 大地
2009年3月31日 (火) 
このたび、梅野大地選手、浅野宣義支援コーチが、退部することになりました。

これまでたくさんのご声援をいただき、ありがとうございました。

*写真は、「ニューイヤー駅伝2009」2位入賞のトロフィー、賞状を手にした日清食品グループ陸上競技部です。
浅野宣義支援コーチは真ん中の列左から2番目、梅野大地選手は真ん中の列右から2番目(白水監督の隣)です。
2009年3月22日 (日) 
「早朝からたくさんの応援ありがとうございました。
チャンスを生かせずくやしいです。
今回は31kmからきつくなり先頭から離れてしまいましたが、次は40kmまで先頭に残っていたいです。
今後は10000m27分台を目標にチャレンジしていきたいと思います。」
2009年3月22日 (日) 
日清食品グループ応援団は、新宿、有楽町、浅草、豊洲等、様々な場所で、熱い声援を送りました。
2009年3月22日 (日) 
ゴール地点の東京ビックサイトで、13:00から男子の表彰式が行われました。

まさに「東京がひとつになる日。」でした。
皆様お疲れ様でした。
2009年3月22日 (日) 
35kmの大島健太です。
風に向かいながら、10位で通過します。
2009年3月22日 (日) 
35km通過の板山学です。
応援するために、沿道で、ただ立っているだけでも体がふらつくくらいの強風でした。
その風に向かって走っています。
2009年3月22日 (日) 
笑顔の応援団チーム。
10kmで応援した後、有楽町で選手を待ちます。
2009年3月22日 (日) 
有楽町、ハーフ地点の先頭集団です。
2009年3月22日 (日) 
35km地点、選手を待っているのは、左から、実井コーチ、工藤コーチ、岡村コーチ補佐。
携帯のテレビで、レース経過を確認します。
2009年3月22日 (日) 
桜・ハート型の紙吹雪が新宿の空に舞い、スタートを告げました。
2009年3月22日 (日) 
9:10、スタートです。
2009年3月22日 (日) 
有楽町、ハーフ地点の板山学です。
2009年3月22日 (日) 
1位 サリム・キプサング(ケニア) 2時間10分27秒
2位 前田 和浩(九電工) 2時間11分01秒 (*世界陸上選手権代表内定)
3位 高橋 謙介(トヨタ自動車) 2時間11分25秒
4位 サミー・コリル(ケニア) 2時間11分57秒
5位 大島 健太(日清食品グループ) 2時間12分54秒
6位 佐藤 智之(旭化成) 2時間13分12秒
7位 ドミトロ・バラノフスキー(ウクライナ) 2時間13分27秒
8位 アスナケ・ロロ(エチオピア) 2時間13分40秒
9位 中本 健太郎(安川電機) 2時間13分53秒
10位 藤田 敦史(富士通) 2時間14分00秒
29位 板山 学(日清食品グループ) 2時間22分19秒
(*残念ながら、徳本一善、ジュリアス・ギタヒ、実井謙二郎は故障のため欠場いたしました。)
2009年3月22日 (日) 
3月22日(日)、「東京マラソン2009 兼第12回世界陸上競技選手権大会男子代表選手選考競技会」が開催され、日清食品グループからは2名の選手が出場しました。
大島健太は積極的な走りで自己ベストの5位入賞(日本人3位)、板山学は29位でした。
たくさんの応援、ありがとうございました。
2009年3月22日 (日) 
「多くの応援ありがとうございました。
走っていてとても力になりました。
次のマラソンに向けてトレーニングしていきたいと思います。
これからも陸上部の応援をお願いします。」
2009年3月19日 (木) 
実井 謙二郎 (JITSUI KENJIRO)

生年月日  : 1968年 12月16日

自己ベスト : 2時間08分50秒

「力が出し切れるよう頑張ります。」
2009年3月19日 (木) 
大島 健太 (OSHIMA KENTA)

生年月日  : 1979年 6月29日

自己ベスト : 2時間15分26秒

「やってきたトレーニングを信じて、最後まであきらめないでゴールを目指します。」
2009年3月18日 (水) 
● 番 組 名 : 「東京マラソン2009」

● 放送日時 : 2009年3月22日(日) 9:00-11:50

● 放 送 局 : フジテレビ系列(全国・生放送)

● 番組内容 : 上記大会に当社陸上競技部選手が出場する予定です。

応援よろしくお願い申し上げます。
2009年3月18日 (水) 
板山 学 (ITAYAMA MANABU)

生年月日  : 1978年 6月26日

自己ベスト : 2時間14分13秒

「昨年の記録と順位を共にこえられるようなレースにしたいです。
東京マラソンは声援も多く、とても楽しいので、それを力に変えてしっかり走ります。応援お願いします。」
2009年3月11日 (水) 
● 番 組 名 : 「全日本実業団山口ハーフマラソン2009」

● 放送日時 : 2009年3月15日(日)14:00-15:30

● 放 送 局 : TBSテレビ系列(全国・録画放送)

● 番組内容 : 上記大会に当社陸上競技部選手が出場する予定です。
        藤井 周一、丸山 敬三、保科 光作、
        座間 紅祢、北村 聡

応援よろしくお願い申し上げます。
2009年3月 4日 (水) 
● 番 組 名 : 「第23回福岡国際クロスカントリー大会」

● 放送日時 : 2009年3月7日(土)15:30-16:54

● 放 送 局 : TBSテレビ系列(全国・録画放送)

● 番組内容 : 上記大会に当社陸上競技部選手が出場する予定です。
        ジュリアス・ギタヒ、大島 健太、藤井 周一、
        北村 聡、皆倉 一馬、梅野 大地、実井 謙二郎

応援よろしくお願い申し上げます。
2009年3月 1日 (日) 
「海外レースということで日本では味わうことのできない体験ができたのでよかったです。また、目標にしてた日本人一番をとることができてよかったです。」
北村 聡 

シニア男子 11,850m
7位 北村 聡 35分50秒9

*写真 : 稲富 友香 選手(ワコール女子陸上競技部)
2009年3月 1日 (日) 
たくさんの皆様に応援いただきました。
ありがとうございました。

前列右から、工藤コーチ、白水監督、佐藤慎悟、大西雄三です。
2009年3月 1日 (日) 
1位 ポール・テルガト(ケニア) 2時間10分22秒
2位 ホセ・リオス(スペイン) 2時間10分36秒
3位 ヤレド・アスメロン(エリトリア)2時間10分49秒
4位 清水 将也(旭化成) 2時間10分50秒
   (*世界陸上選手権代表内定)
5位 アビヨト・グタ(エチオピア) 2時間11分18秒
6位 清水 智也(佐川急便) 2時間12分30秒
7位 佐々木 悟(旭化成) 2時間14分00秒
8位 真壁 剛(カネボウ) 2時間14分34秒
10位 佐藤 慎悟(日清食品グループ) 2時間16分50秒
14位 大西 雄三(日清食品グループ) 2時間18分18秒
2009年3月 1日 (日) 
ゴール後、取材を受ける大西雄三です。

「悪いなりにまとめられないということは、まだまだ力がないということなので、しっかり反省し、次に繋げていきたいと思います。
応援、本当にありがとうございました。
(大西 雄三)」
2009年3月 1日 (日) 
佐藤慎悟のゴールです。

「今回は足にきてしまい後半はズルズルと後退してしまいました。
まだまだ力不足です。
沿道で温かい声援を送ってくれた皆様、本当にありがとうございました。
また頑張ります。
応援よろしくお願いします。(佐藤 慎悟)」
2009年3月 1日 (日) 
石山寺復路の給水ポイント手前です。
2009年3月 1日 (日) 
石山寺復路の給水ポイント手前です。
2009年3月 1日 (日) 
応援団は、「日清食品グループ」の新しいのぼりを手に、電車で移動します。
2009年3月 1日 (日) 
瀬田唐橋復路です。

沿道からのあたたかい声援と拍手が、選手たちの背中を押します。
2009年3月 1日 (日) 
瀬田唐橋復路です。

25km手前です。
2009年3月 1日 (日) 
瀬田唐橋往路です。
2009年3月 1日 (日) 
スタート30分前の佐藤慎悟です。

大津市の皇子山陸上競技場でアップしています。
2009年3月 1日 (日) 
瀬田唐橋往路です。

右が大西雄三、左が佐藤慎悟です。
2009年3月 1日 (日) 
10km地点を通過しているのは佐藤慎悟です。
2009年3月 1日 (日) 
10km地点の先頭集団。

赤いユニフォームが大西雄三です。
2009年3月 1日 (日) 
3月1日(日)、世界陸上選手権(8月・ベルリン)の代表選考を兼ねた「第64回びわ湖毎日マラソン大会」が開催されました。

マラソン2回目の佐藤慎悟が10位、持ちタイムが国内出場選手でトップ(2時間8分54秒・昨年のびわ湖毎日マラソン)の大西雄三は14位でした。
陸上ブログ