日清食品グループ ホーム > 日清食品グループ陸上競技部 > 陸上ブログ
陸上ブログ選手への応援メッセージをお待ちしています。投稿フォームはこちらから
2008年3月のエントリ
2008年3月31日 (月) 
このたび、日清食品陸上競技部のメンバーとして活躍した奈良修選手・高見澤勝選手が、退部することになりました。

両選手とも、指導者としての道を歩み始めます。

これまで、たくさんのご声援をいただき、ありがとうございました。

「日清食品最高!!!
 ここでの経験を第二の人生に生かします。
 8年間ありがとうございました。」(奈良修)
2008年3月31日 (月) 
「この度、長野県の佐久長聖高等学校の教員と駅伝部のコーチになるため、日清食品を退社することになりました。

私自身の夢であった指導者の道に進めることは大変嬉しいことだと思っています。

日清食品として走っていた4年間は、怪我と故障の連続でした。しかしその中でも多くの方々に応援していただき、感謝の気持でいっぱいです。応援に答えれるような走りが出来なかったのが唯一の未練かもしれませんが・・・。

これからは今までの経験を活かして、高校生の指導をしていきます。
ありがとうございました!」(高見澤勝)
2008年3月27日 (木) 
● 番 組 名 : 「日経スペシャル カンブリア宮殿」
● 放送日時 : 2008年3月31日(月)22:30~23:24
● 放 送 局 : テレビ東京系列(テレビ北海道、テレビ愛知、テレビ大阪、テレビせとうち、TVQ九州放送)
● 番組内容 :「カンブリア宮殿」は、作家の村上龍氏、小池栄子氏が、旬の経済人ゲストを迎え、旬の経済テーマについて語る1時間番組です。

今回はのテーマは「世界のハングリーと闘え!~即席麺の王者に学ぶ ロングセラーの作り方」。
弊社社長 安藤宏基がゲストとして登場します。

その中で、創業50周年の弊社が、これからの50年で100の社会貢献活動を展開する「百福士」も紹介されます。
第1弾はアフリカプロジェクト。ジュリアス・ギタヒが母校の小学校(ケニア)を訪れた様子が紹介されます。
2008年3月26日 (水) 
今春入社予定の北村聡選手(日体大)が、本日、世界クロカン(英国・スコットランド)出場に向けて、出発しました。

北村選手は、2月10日の千葉クロカン(*写真)で4位(日本人2位)、3月2日の福岡クロカンで6位(日本人3位)となり、日本代表に選出されました。3年ぶり3回目の出場となります。

「日本人最高目指してがんばります!」(北村聡)

応援よろしくお願い申し上げます。
2008年3月11日 (火) 
3月30日(日)、「第36回世界クロスカントリー選手権大会」が、英国・スコットランドのエディンバラで開催されます。

3月1日(土)のケニアクロカン12kmで見事優勝したガトゥニ・ゲディオンが、ケニア代表として出場いたします。

応援よろしくお願い申し上げます。
2008年3月11日 (火) 
● 番 組 名 : 「'08全日本実業団ハーフマラソン」
● 放送日時 : 2008年3月16日(日)14:00~15:24(*10:00スタート)
● 放 送 局 : TBSテレビ系列(全国・録画放送)
● 番組内容 : 上記大会に当社陸上競技部より藤井周一、丸山敬三が出場する予定です。

応援よろしくお願い申し上げます。
2008年3月 2日 (日) 
「体調は良くなかったのですが、ゴールできました。小さな一歩ですが、目標の完走を達成出来て良かったです。走っている途中、日清食品ののぼりがたくさん見えてうれしかったです。11kmからきつかったのですが、ゴールが目標なので、力尽きないよう、その手前で我慢しました。監督が言ってくれました。“一歩引いて我慢出来るところで耐えるように”と。これまでの自分は、力を振りまいてしまって、ガス欠になってしまうことが多かったです。今回は走っている間ずっと頭を使いました。ゴールしたので、もう怖くはありません。次に走るレースの自信がかなりつきました。」
2008年3月 2日 (日) 
レース後、お互いの健闘を讃え、しっかりと握手したふたりのさわやかな笑顔です。
2008年3月 2日 (日) 
選手たちに、あたたかい応援がしっかりと届いていました。
ありがとうございました。
2008年3月 2日 (日) 
3月2日(日)、北京五輪の選考会を兼ねた「第63回びわ湖毎日マラソン大会」が開催され、大西雄三が自己ベストを3分59秒更新する2時間8分54秒で日本人の2位の4位入賞、大島健太が2度目のマラソンをきっちりと15位でゴールしました。
2008年3月 2日 (日) 
「白水監督に、いつも“8分台が出る”と言われていました。何百人も選手たちを見てきた監督に言われたことが自信になりました。練習も計画通りに出来、2週間前、伊豆大島の合宿が終わってから調子が上がってきました。調子がいい、いけると思ってスタートラインに立てたのは初めてのことです。監督のお陰で出せたタイムだと思います。でも、欲を言えば、もうひとつ前にいきたかったです。ずっと前が見えていたので悔しいです。今日は、マラソンのきっかけをつかんだ感じです。監督に恩返しをしたいので、これから挑戦していきたいと思います。会社から、地元福井から、たくさんの方が応援してくださり、心強かったです。」
2008年3月 2日 (日) 
唐橋東詰の25km。
大島健太は、1時間17分48秒で通過します。
2008年3月 2日 (日) 
唐橋東詰の25km。
大西雄三は、1時間15分5秒で通過します。
2008年3月 2日 (日) 
20kmできつくなってきたという大西雄三は、23kmすぎで先頭集団から離れます。大西の前には10名の選手。しかし、ここから大西は自分のペースで走り、着実にひとつずつ順位を上げていきました。粘りの走りで魅せました。
2008年3月 2日 (日) 
大島健太の10km通過は30分11秒。
日清食品応援チームの声援が続きます。
2008年3月 2日 (日) 
先頭集団の大西雄三。
蛍谷10km通過は、30分04秒です。
2008年3月 2日 (日) 
12:30、いよいよスタートです。
131名の選手たちの後ろ姿は圧巻です。
大島健太は最後尾からのスタートでした。
2008年3月 2日 (日) 
滋賀県大津市は晴れ。気温は10.2度。
スタート3分前です。
2008年3月 2日 (日) 
レース15分前。
笑顔の後の引き締まった表情は大島健太。目線の先は白水監督です。シューズのひもを結び、トラックへと移動します。
2008年3月 2日 (日) 
レース30分前。
アップを終えた大西雄三は、大津市役所前を通り、皇子山陸上競技場に入ります。
2008年3月 2日 (日) 
1位 ムバラク・ハッサン・シャミ(カタール) 2時間08分23秒
2位 ヤレド・アスメロン(エリトリア) 2時間08分34秒
3位 大崎悟史(NTT西日本) 2時間08分36秒
4位 大西雄三(日清食品) 2時間08分54秒
5位 清水智也(佐川急便) 2時間09分23秒
6位 ホセ・リオス(スペイン) 2時間09分38秒
7位 佐藤智之(旭化成) 2時間09分59秒
8位 池永和樹(コニカミノルタ) 2時間10分44秒
15位 大島健太(日清食品) 2時間15分26秒
陸上ブログ