日清食品グループ ホーム > 日清食品グループ陸上競技部 > 陸上ブログ
陸上ブログ選手への応援メッセージをお待ちしています。投稿フォームはこちらから
2007年9月のエントリ
2007年9月26日 (水) 
走ることに対して純粋に考えているなと思いました。

なにより先生がたと生徒たちの信頼関係、絆の深さにとても感心させられました。

この機会をつくってくださったベルマーク財団のかたにも感謝しています。

(大島健太)
2007年9月26日 (水) 
前日まで雨だったのでグランド状態が心配だったのですが、当日は晴れて爽やかな天気になりグランドも使えました。

開校式の後、さっそくグランド(200m)をウォーミングアップで歩いたりジョギングをしたりしました。
次にももあげなどの基本走です。

大島先生は、トラックのカーブの走り方を上手に教えていました。

最後は10人1組になって1人グランド1周のリレーです。
僕たちは2人で1周づつ5回走りました。
僕たちは全4チーム中3番でした…。

ほんとうにやる気があり、みんな一生懸命にやってくれたので指導していて楽しかったです。

そして閉校式では
何歳ですか?
今まで陸上をやってきてつらかった事は?
レース前の食事は何を何時間前に食べればいいのですか?
レース前のウォーミングアップの仕方は?そしてどうやって集中するのですか?
など質問がありました。

最後に写真撮影をして終了です。
帰りにみんなが手を振って送ってくれた事が嬉しかったです。

(板山学)
2007年9月26日 (水) 
9月26日(水)、「ベルマーク走り方教室」が北海道士別市朝日中学校で、全校生徒を対象に行われました。

「ベルマーク走り方教室」は、ベルマーク教育助成財団が、ソフト援助の一環として、全国のへき地学校を中心に実施しています。

弊社陸上競技部として7回目のご協力となる今回の講師は、板山学、大島健太です。
2007年9月10日 (月) 
1位 ジュリアス・ギタヒ(日清食品) 2時間17分26秒
2位 高見澤 勝(日清食品) 2時間18分13秒
3位 オンベチェ・モカンバ(アイデム) 2時間18分18秒
4位 川頭 健一郎(NTN) 2時間18分45秒
5位 小林 誠治(三菱重工長崎) 2時間19分37秒
6位 中崎 幸伸(トヨタ九州) 2時間20分06秒
7位 丸山 光昭(YKK) 2時間20分11秒
8位 山田 剛史(JR東日本) 2時間20分34秒

ホテルにて、表彰式が行われました。
2007年9月10日 (月) 
ふたりとも、初マラソンにもかかわらず、素晴らしい結果でした。

“ギタヒの能力の高さ”
“高見澤にはマラソンの適性有り”

今後、北京オリンピックを目指し、チャレンジしたいと思います。
応援いただいた皆様には、厚く御礼申し上げます。

*監督の携帯には、祝福の電話が鳴り続けました。
2007年9月10日 (月) 
今回は初めてのマラソンでした。
そのため何もわからない状況でしたが、板山さんに練習メニューをたてていただいたり、先輩方にアドバイスをいただいたりして、レースに臨むことができました。

そのおかげで、レースでは今の自分の力を出しきることができたと思います。

マラソンは本当に苦しい競技だと感じましたが、ゴールしてからは達成感があり、マラソンを走ることが癖になりそうです。

次は冬のマラソンを目指していこうと考えているので、今回の経験を生かして、次は更に上を狙っていきます!

皆様、応援ありがとうございました。
2007年9月10日 (月) 
初マラソンで初優勝できて、すごくうれしいです。

怪我なく、100%練習ができました。
監督が相談に乗ってくれたり、スタッフがサポートしてくれたり、心強いチームメイトといっしょに練習できたから、この結果につながりました。

練習で体がきつい時は、無理しないでペースを落としました。
ゆっくりと走って距離をこなしました。

そして今回、イメージ通りに走れました。
35kmあたりでひとりになってからは、久しぶりに気持ちよく走れました。

今後は、もっともっといいタイムで走れるレースを目指します。

皆様の応援に感謝しています。
2007年9月10日 (月) 
白水監督を見た瞬間、高見澤は満面の笑みに。
ふたりは固い握手を交わしました。
2007年9月10日 (月) 
ギタヒを温かく迎えたのは白水監督。
良くやったと労をねぎらいます。
最高の瞬間です。
2007年9月10日 (月) 
優勝したギタヒは、トロフィーと花束を授与されました。
2007年9月10日 (月) 
高見澤は、サングラスをはずし、右手でガッツポーズしてゴールしました。

素晴らしい追い上げでした。

日清食品は、ギタヒ、高見澤と1,2フィニッシュを決めました!!!
2007年9月10日 (月) 
高見澤は40キロ地点で4位。41キロ付近で川頭選手(NTN)をとらえ3位になりました。
そして、ゴール直前で山梨学院大学の後輩でもあるモカンバ選手(アイデム)を追い抜きました。
2007年9月10日 (月) 
重みのある感動のゴールでした。
うれしくてうれしくて震えました!!!
2007年9月10日 (月) 
ギタヒは30キロすぎに先頭をとらえます。
行ける!と思った35キロすぎからスパートし、初マラソンにして初優勝しました。
ガッツポーズでテープを切りました。
2007年9月10日 (月) 
ゴール地点となる中島公園です。
公園に入ってからも550mと距離があります。
写真右奥がゴール。最後の直線コースです。
男子は左側、女子は右側を走ります。
2007年9月10日 (月) 
15キロ付近から下森選手(安川電機)が飛び出し独走状態となります。

ギタヒ、高見澤は慌てず、マイペースで2位集団につきます。
2007年9月10日 (月) 
レースはスローペースで始まりました。
第1折り返し地点に向かいます。
2007年9月10日 (月) 
12:10、真駒内屋外競技場をスタートしました。
気温は29℃、室温58%、蒸し暑く厳しいコンディションとなりました。

2.6km地点、ギタヒは声援に応えます。
2007年9月10日 (月) 
9月9日(日)【2007北海道マラソン】が開催され、初マラソンのジュリアス・ギタヒが優勝、同じく初マラソンの高見澤勝が準優勝しました。

日清食品陸上競技部創部以来の快挙です。
マラソンでの優勝、そして1,2フィニッシュは初めてです。
2007年9月 5日 (水) 
ジュリアス・ギタヒ、高見澤勝が初マラソンに臨みます。
応援、よろしくお願いいたします。

● 番 組 名 : 「2007北海道マラソン」
● 放送日時 : 9月9日(日)12:00~14:55(*12:10スタート)
● 放 送 局 : フジテレビ系列(全国・生放送)
2007年9月 5日 (水) 
9月9日北海道マラソンに出場するジュリアス・ギタヒが、下記番組内で紹介される予定です。

● 番 組 名 : 「えき☆スタ発」
● 放送日時 : 9月6日(木)15:00-16:00
● 放 送 局 : UHB北海道文化放送(北海道ローカル)
  *8月21日(火)放送の同番組内でもジュリアス・ギタヒが紹介されました。

● 番 組 名 : 「ともだっちーず」
● 放送日時 : 9月6日(木)24:35-24:50
● 放 送 局 : UHB北海道文化放送(北海道ローカル)
陸上ブログ