日清食品グループ ホーム > 日清食品グループ陸上競技部 > 陸上ブログ
陸上ブログ選手への応援メッセージをお待ちしています。投稿フォームはこちらから
2007年4月のエントリ
2007年4月27日 (金) 

小学1年から中学3年まではサッカーをしていました。
陸上を始めたのは高校からです。

陸上が楽しいと思うのは、結果を残した時です。
今までで一番楽しいと感じたのは、大学2年の関東インカレ、日本インカレのトラックです。
大学3年はその成功体験をひきずっていましたが、大学4年からは、失敗しても大丈夫という挑戦者の気持ちで臨むことにしたのです。

実業団の練習は質が高いです。
これまでは、少々調子が悪くても大丈夫だった練習が、実業団では着いていけません。
自分に合う練習を見つけていきたいと思っています。

練習でのこだわりは、“決められた練習はやり遂げる”ことです。

普段の生活では、やりたくないことは全くやりません。
やりたいことは進んでやります。
差が激しいのです。でも、陸上は違います。
決められたことはきっちりとやります。
憧れている監督に教えてもらいたいのです。

自分にとって練習は特別なものです。
そのために、“強い人の話を聞く”ようにしています。
練習、試合の話を聞くのが好きです。その話は全部自分の為になります。

それから、“強い人の走りを見る”ようにしています。
結果を出す一番のポイントは練習だから、
試合よりも練習を見た方が為になるような気がします。

寝るのが好きです。気づくと翌々日の朝ということもありました。
サッカーなど運動している時が好きです。丸山さんとよくキャッチボールをします。
食べるのが好きです。ご飯に合うおかずとコーヒーが好きです。
結果的に、トレーニングの3原則を忠実に守っています。

新しい環境で、戸惑いと不安ばかりですが、一生懸命頑張り、チームに貢献しますので、
応援よろしくお願いします。
2007年4月26日 (木) 
選手たちは“日々強くなるために”何をし、何を考えているのか、生の声をお届けしたいと思い、
2006月9月、監督・選手全員にインタビューをしました。
このたび、新入部員が「練習でのこだわり」について語ります。
是非ご覧くださいますようお願い申し上げます。
2007年4月24日 (火) 

池谷寛之選手、北田初男選手、小川博之選手が、3月を持ちまして、陸上競技部を退部いたしました。
これまで応援いただきました皆様、ありがとうございました。

池谷寛之選手
「皆様には多大なるご支援、ご声援を頂き、本当に有り難うございました。
日清食品の素晴らしい仲間と共に学んだ事柄を、これからの人生における様々な場面で活かして行きたいと思います。
これからもまだまだ走り続けて行くので、今までお世話になった方々への感謝の気持ちと自分自身の成長を、走ることを通して表現して行きたいと思います。」

小川博之選手
「これまで、応援してくださった方々ほんとうにありがとうございました。今後も競技を続けてまいりますので、これからもご声援よろしくお願いいたします。」

*写真は、2003年元旦のニューイヤー駅伝です。
2007年4月19日 (木) 

今回は何度も雪に降られるなど多少厳しい環境でしたが、何とか乗り切りました。
今後も応援宜しくお願いします。

(支援コーチ 浅野宣義)
2007年4月19日 (木) 
最後のトラック練習も無事終了し19日に予定通り帰国します。
諏訪はこの合宿で世界選手権に向けて順調に第一歩を踏み出すことが出来ました。
徳本も遅れ気味だった練習が軌道に乗りつつあります。

(支援コーチ 浅野宣義)
2007年4月15日 (日) 

ジュリアス・ギタヒは久しぶりのレース出場です。
初マラソンに向けて、始動です。
2007年4月15日 (日) 

最終組の大西雄三は、マラソン後、順調に回復してきたことが伺えるレースとなりました。
2007年4月15日 (日) 

最終組のゲディオンは、一度も首位を譲りませんでした。
自己ベストです。
2007年4月15日 (日) 

最後尾から走り始めた実井謙二郎は、途中、先頭で集団を引っ張ります。
2007年4月15日 (日) 

4月に入部した梅野大地は、高校までとは全く違う環境での練習を始めたばかりです。
初レース、スタートの瞬間です。
2007年4月 6日 (金) 

ボルダーは高地トレーニングの基地として有名で、日本人選手も数多く合宿しています。

自由に使えるトラックや自然のままのクリークや起伏を生かせるトレール30分程度の移動で2000m以上の高さに移動できるなど高地トレーニングの条件を備えています。

唯一の欠点は日本からの移動に時間が掛かることですがこれを補って余りあるとも言えます。

二人とも順調に練習を積んでいます。

*写真は、マグノリアロードを走る諏訪です。

(支援コーチ 浅野宣義)
2007年4月 6日 (金) 

到着2日後の29,30日と大雪の大歓迎を受けました。

3月に入り雪は降っていなかったそうですが、帰るまでにはまた降るかもしれません。

こちらは雪が降ってもすぐにやんで、半日もすれば道路も乾くので、トレーニングにはそれ程支障はありません。

*写真は、雪のマグノリアロードです。右が諏訪、左が徳本です。

(支援コーチ 浅野宣義)
2007年4月 6日 (金) 

3月27日、桜が咲き始めた東京からボルダーに来ました。

今回の合宿で、世界選手権マラソン代表の諏訪が本格的トレーニングの第一歩を踏み出します。

又同行の徳本は、パートナーとともに自身の世界選手権出場のため、日本選手権を目指してトレーニングします。

*写真は、マグノリアロードスタート地点です。右が諏訪、左が徳本です。

(支援コーチ 浅野宣義)
陸上ブログ