日清食品グループ ホーム > 日清食品グループ陸上競技部 > 陸上ブログ
陸上ブログ選手への応援メッセージをお待ちしています。投稿フォームはこちらから
大島 健太 『“タイム”を体に刻む』
2006年10月30日 (月) 
高知で生まれ育ち、陸上を始めたのは18歳です。
高校を卒業するまでは、サッカーをしていました。
NISSINは、持てる能力を分析すると、組み合わせと調整次第で優勝を狙えるチームです。
そんなチームに在籍できることがうれしいのです。
“駅伝”で走りたいです。

練習でのいちばんのこだわりは、“足の裏から伝わってくる足音や感触”です。

1.“タイム”にこだわること
タイムは、早くても遅くてもダメなのです。
気分が乗っている時も、増やさないようにしています。

調子のいい時は、時計をつけなくても、ちょうどくらいのタイムで走ります。
そうすると、前後の練習がつながってきて、ピークが合ってくるのです。

例えば、試合で5000mをこれくらいで走りたいというタイム設定をします。
そして、距離を分割し、タイムを換算するのです。

5000mは、400mだと12周半です。
400mを何秒で走れば、設定タイムで走れるかを考えるのです。

まずは、400mを12回、そのペースを体に覚え込ませるのです。
それができるようになると、今度は1000mを5回走る練習をします。
そして5000mを走るというように、距離を伸ばしていきます。

また、同じペースを刻むので、5000mの倍のタイムで10000mも走れます。
10000mが走れると、5000mが楽になります。

2.“動き”と“走るフォーム”を常に考えながら走ること
燃費のいい車はよく走ります。それと一緒です。
楽そうに走っているのに、時計をみたら速いという走りをしたいのです。
マラソンをやりたいので、効率のいいフォームで走りたいです。

腕のふり方や、首を前後にしたり、胸を張ったり、猫背にしたりと、体の角度で走りは変わってきます。
理想のフォームは毎日変わるので、修正しながら走っています。

試合に向けて、階段を昇る間は、“出来る練習”をします。
リズムや足音を総合的に判断して、自信がついたら“頑張る練習”をします。

もうすぐ頑張る練習に入ります。


陸上ブログ