MENU

走る人のためのベーシックガイド (一般向け)

走り方の基本

さあ、いよいよ走ってみましょう! 自由に走り回っていた子どもの頃のような走りが理想です。走り方に決まりはありませんので、自分に合った無理のない走り方で走ってみてください。とはいえ、走り方の基本となるポイントを押さえておくと、より効果的です。

(1) 走るとは「体重移動」の繰り返し

実はみなさんも走るときはあまり意識することなく、体重移動を行っていることに気付いていましたか? まずは、静止した状態から体重移動を実感できる方法をご紹介します。

  1. まっすぐに立ちます。
  2. そのまま前に倒れてください。
  3. 倒れる瞬間に膝を引き上げ、一歩踏み込みます。

この体重移動の繰り返しが、「走る」ということです。こうすることで、力が進行方向に向かっていくので、無駄な力を使わずに済み、走りもスムーズになります。

(2) 「腕振り」は「肘を引く」イメージで

体重移動をスムーズに行う上で重要な役割を持ち、また適度なリズムを刻んでくれるのが腕振りです。ただし、コツは「肘の引き」にあります。

  1. 肘を90度に曲げてください。拳は卵を包むような感じでそっと握ってください。
  2. 肘を後ろに引きます。このとき、拳の位置が腰のラインにあるのが理想です。
  3. 逆側の肘を引くとその反動で腕振りができます。

肩を腕と一緒に振ってしまったり、腕の振りが無駄に大きくならないよう、コンパクトで効率的な腕振りを身につけましょう。

(3) 「膝の引き上げ」と「ピッチ走法」

右肘を引きながら、右膝を引き上げる。そして、左肘を引きながら、左膝を引き上げる。これを繰り返せば、きれいなフォームで走ることができます。走り方には2種類あり、歩幅が広く足や腕の回転数の少ない「ストライド走法」と、回転数の速い「ピッチ走法」です。初心者の方には、体への負担が少ない「ピッチ走法」がおすすめです。

なかなかコツがつかめない場合は、自分に似た体型の選手の走り方をお手本にするのもおすすめですよ。

NEXT STEP