日清食品

KEI NISHIKORI SPECIAL SITE

錦織圭:写真1

PROFILE

生年月日 1989年12月29日
身長/体重 180cm/77kg
所属 日清食品株式会社
出身地 島根
  • 錦織圭:写真2
  • 錦織圭:写真3

HISTORY

5歳でテニスを始める。
2001年5月、全国選抜ジュニア選手権で優勝。
6月に「修造チャレンジトップジュニアキャンプ」2期生として初参加。その年の7月全国小学生大会で優勝、8月の全日本ジュニア12歳以下で優勝し、史上5人目となる全国制覇3冠を達成。

2003年に(財)盛田正明テニス・ファンドの強化選手に選ばれ、ニック・ボロテリー・テニスアカデミー(アメリカ・フロリダ)に留学。ハードな練習、トレーニングを行いながら、多数の海外ジュニアトーナメントに出場。

2008年2月、デルレイビーチ国際選手権でツアー初優勝を達成。同年8月の全米オープンテニスでは、日本人男子シングルスとして71年ぶりにベスト16進出という快挙を達成。

2009年には、ひじの手術を行い、苦しいリハビリを続けていたが、2010年にツアーに復帰。
ATPチャレンジャーで優勝4回、また、全仏、ウインブルドン、全米と本選出場。

2011年上海マスターズでベスト4進出し、松岡修造の記録を大幅に更新して30位に。またスイス室内の準決勝では、世界ランク1位のノバク・ジョコビッチを破る大金星を挙げる。2012年は全豪オープンテニスでのベスト8や、ロンドンオリンピックでのベスト8と目覚ましい活躍をみせ、秋の楽天ジャパンオープンで念願の優勝を果たし、男子日本人初のツアー2勝目を地元日本で達成。

2013年、2月のアメリカ国際インドアテニス選手権で優勝、5月のムチュア・マドリッド・オープンでは、ロジャー・フェデラーを破りベスト8に進出。6月17日付けATPランキングでは、日本人歴代最高の11位に到達。
2013年12月、あらたにマイケル・チャンをコーチ陣に加え、2014年、全豪オープンでは2年連続のベスト16入り、デビスカップワールドグループ1回戦のカナダ戦では、ダブルスを含む3勝を挙げ、初のベスト8入りに大きく貢献、続くアメリカ国際インドアテニス選手権で、自身初となる2連覇とともにATPツアー4勝目を挙げる。

3月のソニー・オープンでは、D・フェレール、R・フェデラーを破りベスト4に進出、4月のバルセロナ・オープンではクレーコート初優勝とともにツアー5勝目を達成。続く、5月のムチュア・マドリッド・オープンで、決勝に進出、ATPランキングを9位とする。

全米オープンテニスでは、ランキング上位の選手を次々と破り、日本人初となるグランドスラム準優勝という快挙を達成。続くマレーシア・オープン、楽天ジャパンオープンとATPツアー2週連続優勝を挙げる。BNPパリバ・マスターズでベスト4に進出、ATPワールドツアーファイナルズへ初出場、ATPランキングを5位に上げ、2014年シーズンを終える。

2015年、メンフィス・オープンにて同大会3連覇を達成、続いて出場したアカプルコ・メキシコ・テルセルにて準優勝、ATPランキングを4位とする。4月、バルセロナ・オープンにて優勝、クレー王国スペインで大会史上10人目の連覇を達成。ウインブルドンでは、前戦で痛めた脚の故障で2回戦を前に棄権をするも、復帰戦となるシティ・オープンで見事優勝を飾り、ツアー10勝目を挙げる。また、2年連続でのATPワールドツアーファイナルズへの出場を果たす。

2016年2月、メンフィス・オープンで見事優勝を飾り、大会4連覇とともに、自身の持つ日本人単独最多優勝記録を「11」に更新。その後も、3月のマイアミ・オープン、7月のロジャーズ・カップとATP Masters 1000で準優勝を飾り、8月、自身3度目となるオリンピックに出場。リオ2016オリンピック、3位決定戦でR・ナダルに勝利し、銅メダルを獲得、日本人選手としては96年ぶりとなる快挙。現在も、ATPツアーランキングで熾烈な上位争いを展開中。